カラオケでは歌(昔の曲を聴くと、当時の思い出が蘇ったりしますよね)いやすい歌を歌(昔の曲を聴くと、当時の思い出が蘇ったりしますよね)うのが一番です。 無理に難しい曲やよく知らない曲を歌っても、上手く歌えずに場を白けさせてしまうものです。 気心の知れた友達とカラオケに行くのなら、はじめて挑戦する曲や歌ってみたい曲を試すのもいいかもしれません。 でも、仕事の付き合いなどでカラオケに行く場合には、自分にとって歌いやすい歌を歌(最近では、携帯でダウンロードして聴くことも珍しくないですね)うのが無難です。 できれば、誰でも知っているようなメジャーな曲の中から、自分にとって歌(上手な人は上手ですが、下手な人はとことん下手なことが多いものです)いやすい曲を選曲した方がいいですね。 いくら歌いやすいからといっても、アルバムにしか収録していないようなマイナーな曲を歌われても、聞いている人が退屈してしまいます。 それに、場の雰囲気に合わせられるように、アップテンポの曲、バラード、演歌など、曲調を変えたレパートリーを用意しておいてください。 原曲で歌う分には歌いやすくても、カラオケ(最近では、通信カラオケが主流となっていますね)で歌うとなると、勝手が違ったりしますから、何度か歌って歌(昔の曲を聴くと、当時の思い出が蘇ったりしますよね)い慣れた曲を選べね失敗しないでしょうー